須田工業・須田架設

会社概要
お問い合わせ
電話番号
インスタグラム
事業内容

足場の種類

当社では、現場の状況や施工する建物に合わせて、最適な足場を使い分けています。

中でも、よく使われる足場をご紹介いたします。

枠組足場

枠組足場

幅広く使える基本的な工法の足場

建枠・布板・筋違い・ジャッキベースなどで組み立てる足場で、低中層建築物まで幅広く使用できる、最もオーソドックスな足場です。

主に、中層~高層の建設現場のビルの外壁面に沿って設置されます。

各部材は軽量で扱いやすい形状になっており、かつ、高い強度を保持しているため、安全性の高い足場が実現します。

ビケ足場(くさび緊結式足場)

ビケ足場(くさび緊結式足場)

短工期・低コストで施工できる画期的な足場

ビケ足場はくさび緊結式足場とも呼ばれる、極めてシンプルな構造の足場です。組立・解体はハンマー1本でできるため、短工期・低コストで施工できるのが特徴です。主に低層~中層の建物に使われており、敷地の狭い場所に最適なため、住宅関連に多く使用されています。

資材の表面には溶融亜鉛メッキ処理が施されているため、防錆能力に優れ、高い耐久性も兼ね備えています。

単管ブラケット足場

単管ブラケット足場

自由度が高く使い勝手の良い足場

単管ブラケット足場は、単管パイプをブラケットという金物で固定して足場板を敷くため、強風にも耐えられる高強度を備えています。

さらに、足場を構成する足場用鋼管の接合位置や取り付け角度を自由に設定できるため、作業内容や職人に合わせた足場の実現が可能です。

例えば、戸建住宅やアパートなどの住宅密集地において、十分な足場設置スペースを設けられない場合によく使用されます。

次世代足場

次世代足場

利便性と安全性が向上した足場

次世代足場とは、これまで主流だったくさび式足場に、安全性・施工性・管理性などを強化した、次世代規格の足場です。

据え置き式の先行手摺が標準装備されていることが特徴で、階高は従来の枠組み足場よりも広い空間で作業ができるという優れた点も持ちます。

他にも、部材が軽量コンパクト化されたことにより保管効率や積載運搬効率も上がり、保管スペースや運搬コストの削減にも繋がっています。

お問い合わせ

ご相談・ご質問・お見積もりなどは、
電話もしくはメールフォームからでも受け付けております。

お気軽にご連絡ください。

電話番号
メールフォーム